富山県射水市の車庫証明取得方法まとめ

富山県射水市の車庫証明取得方法まとめ

車庫証明の依頼を頂いたので、

1.警察署に行って書類をもらい、
 
2.お客様の駐車場所へ行って広さを計測し、
 
3.書類を作成して、
 
4.警察署に提出し、
 
5.警察署で「保管場所標章番号」が決まるのを待って書類を受け取りに行き、
 
6.お客様へ、発送しました。

imizukeisatsusho

車庫証明」自体は、難しいことではありません。

私も、かつて、自分の車を買い換えた時、車庫証明を取得する手続きは、自分で警察署に行って、行いました。
しかし、実際に取得するまでには、上記の6つの作業が必要になるのです。
(自分の分を受け取るなら6は不要)
ましてや、今回は県外・遠方のお客様からのご依頼。

特に2(駐車場所へ行って広さを計測)の作業は、現地へ調査に行かなければいけませんから、遠方に居住の方には、とてもできることではありません。

(転勤や進学等で、現在の居住地と、車庫証明を取得する地域が異なることは、よくあることです)

そして、警察署は、平日日中しか受け付けてくれません。
たとえ地元の人でも、仕事を持っている方には、これだけの作業はかなりの負担でしょう。
ということで、行政書士の出番があります。

手続き自体は、行政書士でなくてもできます。
ただ、記載内容に誤りがあった時、通常はもう一度本人が書き直さなければなりませんが(場合によっては捺印も再度必要)、行政書士ならば、職印をもって、本人の代わりに訂正することができるのです。

これは大きなメリットですね。

本人が書き直す場合、遠方に居住なら、書類の往復だけで数日たってしまいます。
急ぎの場合には間に合いません。

しかし行政書士ならば、すぐにその場で訂正できるので、確実に早くなります。

このような時間と手間を省略するために、行政書士車庫証明の手続きを依頼することが、広く行われているのです。

ちなみに、富山県射水市で車庫証明を取得するには、次の4枚の書類が求められます。
(全部警察署でもらえます)

(1)自動車保管場所証明申請書(複写。それぞれに押印)
(2)保管場所使用承諾証明書or保管場所使用権限疎明書面(自認書)
(3)自動車保管場所現地調査結果報告書
(4)保管場所の所在図・配置図

この4枚(正確に言うと、3の裏に4があります)を警察署に提出すると、だいたい3日くらいで、「保管場所標章番号通知書」とステッカーを発行してもらえます。

[豆知識]
4の「所在図」は、GoogleマップやYahoo!地図を印刷して切り貼りしてもいいですし、別紙として添付してもOKです。
ただ、目印となる場所も入るようにして、どこの場所なのかを警察署の方がすぐ分かるようにしておきましょう。