射水市長の代理になりました

射水市長の代理になりました

ご依頼いただいていた車庫証明の書類を受け取りに、自動車販売店を訪問しました。

そこで詳細を伺ってみると、実は車の購入者は、「射水市」でした。

射水市の公用車として購入する車の車庫証明だったのです。

自治体(地方公共団体)の車でも、やっぱり車庫証明の申請を警察署に出す必要があるのですね。

市役所と警察署は別組織なのだと、改めて認識しました。

ただし、ふつう車庫証明は、手数料(証紙代)が2,700円かかりますが、地方公共団体公用車の場合は、なんとゼロ!

ただで車庫証明をもらえます。
いいなぁ~

さて、今回は代理申請の形を採りましたので、私が行政書士として申請書類を作成しました。

すると、申請者名として「射水市 市長 夏野元志」と私が書くのですね。
そして、「代理申請 行政書士 仙波芳一」とも記します。

すなわち、私が市長の代理人として署名する形になるのです。

(市役所で、市長の印も頂きました)

shicho

射水市役所が移転する直前で、書類の書き方に困るようなイレギュラーな事案ではありましたが、何かすごい仕事をやったような気がしました。
(重要な仕事であることには間違いありませんが)

これからも任せていただけるよう、頑張ります!!