書類の取得はお早めに

連日暑い日が続きますね。

判断力が鈍るこの時期、車の運転には十分気を付けましょう!

今回は「自認書」「使用承諾証明書」に関するお話。

使用承諾証明書

土地・建物の管理者を明らかにするための書類で、車庫証明を提出する際に必要なものです。

自己所有の場合は、「自認書」として、自分の署名・押印が必要。

他人(家族も「他人」です)の所有である場合は、その方の署名・押印が必要です。

そして、アパートなどの場合は、管理している不動産会社で使用承諾証明書を発行していただくことが多いです。

しかし、その不動産屋会社が「臨時休業」だった場合はどうしますか?

これは困りますね。ウェブサイトを見ると定休日ではない。しかし電話をかけてみると休日だった……。こんなケースはないでしょうか?

これでは使用承諾証明書が手に入らず、車庫証明の提出ができませんね。

急ぎでない場合は気になりませんが、車の登録日までに車庫証明が間に合わない!ということもありますので、使用承諾証明書の取得は早めにしておきましょう。